2011年07月

2011年07月06日08:05全英終わってジムカーナの過去を振り返ると
PermalinkComments(2)
記事を書く暇もなく、ウィンブルドン閉会~^^
ごま桃の希望に反して、ナダルはジョコビッチに1位の座を明け渡すことになってしまいました~

ま、仕方がない。

それよりも、1位をとることより、1位をキープすることの方が絶大に厳しいのだ。

これ、本当です^^
ジムカーナでも同じことが言える。
シリーズチャンピオン2年連続は割とできますが、
3年連続はなかなか・・・・・
ごま桃も例外ではありません。
2年獲って、1年あいて、またチャンプだったから連続じゃないのよね。
しかも2回も経験してしまったΣ(`□´/)/


3連覇失敗したとき(まぁ、別に狙ってたわけじゃないけど^^;)、
山野選手のすごさが別の意味で伝わったことを覚えています。



持続の難しさですよ。


ジョコもそれは言ってます^^
そういう意味では、フェデラーはすごいなぁ。
ナダルが1位になっても、フェデラーへの敬意を忘れないのは、そういうところだと思います。


これから、ジョコがどうやって死守するか、楽しみですね~^^
でも、できればすぐにナダルが奪回するのを希望~ですヾ(=^▽^=)ノ