2008年12月

2008年12月29日20:43今年も終わり
PermalinkComments(3) 生活 
あとわずかになった2008年です^^
シーズン途中で、子供の活動が活発になり、ブログを書く事もままならないまま今年が終わります悲しい


更新してなくても、こちらを訪れてくださった方々には、本当に申し訳なく思っておりますすいません



来年は、是非、頑張って書こうかと思うごま桃力こぶ

記事、書けるように頑張って走りに行きたいと思うごま桃炎

疲れを溜めたくないごま桃幽霊



・・・・であります。


皆さま、良いお年をお迎え下さいませ~~クラッカー




2008年12月25日21:05絵に書いたよう
PermalinkComments(2) 生活 
冬至を過ぎたら寒さも本格的・・・・とはよく言ったものです。
今年は素晴らしく、まさに教科書どおりびっくり冬将軍が降りてきました^^

この地方、明日の朝までに雪が降るって雪



今年は登校班関係の役員だから通学路の雪かきの音頭を取らなくちゃいけません。


しかしびっくり多少の雪なんぞ、子供には関係ないじゃろーびっくり


30センチそこそこで雪かきが義務って・・・・なんて過保護なんだ困ったと思うのはごま桃だけだろうか。


今まで雪かきしても、別の所を通るのを何度も目撃したぞぃ。



それにさっ、それにさっ・・・・モンスターペア○ントって絶対いるもんね。



子供が通学時に側溝に落ちでもしたら、雪かきしてないせいだっ怒り



・・・・って、クレームの電話が来る事間違いない。



大雪は是非、週末にして欲しいもんですvv

2008年12月19日18:29聞きたい
PermalinkComments(0) 生活 
日の出とか日没の事かいてたら思い出しました。

2009年一月一日。年が明けたらある珍しいものを聞くことが出来るんです。 続きを読む

2008年12月19日18:18どこにある?
PermalinkComments(0) 生活 
天気小僧・・・最近はめっきりサボってます汗
先日、本当に久しぶりに見ることができた天気予報。ウキってしまったウインク


この時期、毎年気になるのが日没夕日と日の出日の出時間。


NHKの天気予報では確実にお知らせしてくれます。
でも、最近見れなくなっちゃったので、淋しい悲しい

手ごろな所で、ヤフーの天気予報で見れないかと思ってるんですが、



全然載ってませんvv


わざわざ、新聞でチェックするのは面倒だし。


やはり、日の出日の入りフリークの所を探すしかないかびっくりはてな



・・・・本当は日の出日没時間知ってるんですがね・・・・・・



何となく見たいのよねん笑い





2008年12月15日20:07重なり合う
PermalinkComments(3) 生活 
2009年1月10日




この日って日取りがいいんでしょうか?
次から次へと、この日に用事が入ろうとします。



でも、ごま桃の身体は1つしかないんですよね汗



こんなにたくさんの用事が入るのなら、
前もって健闘したかった・・・・・・悲しい
一応ごま桃家にも優先順位って物があります、ハい幽霊





来年は、そんな年なんだろうか・・・・・・
悪い予感がする・・・・・・
早くも地区戦と幾日か行事と重なってる気もする・・・・・

2008年12月11日20:58もう師走
PermalinkComments(0) スポーツ 
11月に強行突破にて全日本テニス選手権決勝を見た記事も書かず師走になってしまった汗

とにかく、素晴らしい試合でした。でもいつもTVで観ているイメージとは全然違って、どの選手も・・・意外にも特に男子なんですが・・・あまりの丁寧なフォームで試合をしていました。一体どういう事なのか。

TV放映ではコートを縦に写しますので、あえて横から観戦したんです。そうしたら、縦で観るときには、懇親のハードヒットなんですが、横から見ると、とんでもなく丁寧で綺麗。ちゃんと手前からバックスイングして、もちろんステップも丁寧、ラケットの振りもこれまた丁寧。もちろん「ため」もある。そこから生み出されるボールはとても走っており、見ていて気持ちがいいのです。

結構、一般のハードヒッターと称する方々には、それこそ腕が千切れそうな方もいらっしゃいますし、バランス崩している方もちらほら。そりゃ、力の入ったショットですからそうなるでしょう・・・・・と思っておりましたが、くそ真面目(失礼)とも見えるショッキング~なプロの丁寧さにごま桃家族一同、目が点ショック

よく考えたら、ジムカーナでも上手なドライバーほど操作は丁寧であります。ごま桃が「丁寧さ」の模範とさせていただいたドライバーはごま桃の中では中部一(もしかしたら、その頃では日本一?)の丁寧かつ静かな操作でした。


スポーツの世界では「丁寧さ」というのは、技術面においては必要不可欠なものなのかも。


レベルが高すぎて目に見えない部分なのかもしれません。